就職したのを機に、10年ほ

未分類

就職したのを機に、10年ほど前に今のアパートへの引っ越しをしました。

最初の考えでは、3年くらいいたらここを離れて実家に帰る予定で、住民票は動かしませんでした。
そんな中でも、仕事は予想していたよりも楽しく、町も気に入って思ったより長居してしまい、ここで結婚する可能性も高くなってきたし、地方税はこの町の方が安かったりするので、今さらですが、住民票を動かしたいのです。友人が紹介してくれて、引越しのサカイに見積もりを頼みました。とても気持ちの良い営業の人が来てくれて、親身に相談にのってくれたのです。想像したより安価に見積もってくれたので、その日中に即決しました。引越しそのものもたいへん丁寧に作業してくれて、たいへん満足しました。ひっこしなさる際の住所変更はいろいろと面倒なものです。

転出届であったり転出届といった役場での手続きのみとはかぎりません。

関係するあちこちに、住所変更の届け出をしなくてはいけません。
保険会社に住所変更の手続きをとらなかったことを引っ越し以降、二年以上たった後に気が付きました。

その間、何もなくてなによりでした。

引っ越しの日取りが大体確定したら、おおざっぱで構いませんので、準備の進め方を計画しておくと良いです。

荷物の梱包などを極端に早く開始すると片付けが進みすぎて、生活に支障が出てくることも考えられますし、あまりスローペースだと、バタバタして新生活に障ります。
順番としては、今現在の生活で特に必要としないものから始めて梱包していけばきっと間違いはないでしょう。
数年前になりますが、新居が完成して引越しした際、自分のデスクトップパソコンを問題なく移動できるよう気を遣っていました。

引っ越しの時は、娘は3歳、息子が1歳だったのですが、撮った写真のデータは、全てパソコンのドライブで保存していました。搬出や搬入の時に衝撃が加わらないように詰め込めるだけのクッション材を詰めて梱包しました。業者さんも本当に丁寧に扱ってくれたのでデータもハードウェアもそのままで運搬され、外側も傷など全くありませんでした。
世帯の大小に関わりなく引っ越しでは必ずダンボールが必要になるもので、名前入りのダンボールを業者が無料提供することもありますが、有料の業者もいるので注意が必要です。上手く入手できなければ、スーパーなどに行けば、ダンボールは無料で手に入ります。
ただし、サイズはばらばらです。

移動の時は、ダンボールをたくさん積んでいくため、サイズが揃っていないとよく考えて崩れないよう積んでいってください。

ライフスタイルが変わってテレビでNHKを見ることがなくなったなど、受信料支払い契約を解除したい場合、自宅に受信できる機械がないことを証明する手続きも要求されて、思わぬ手間をとられます。

それだけでなく、受信料を口座引き落としにしている世帯では、手間暇かけた解約手続きの間にもたとえ受信機がなくても受信料は取られます。
他の手続きよりも早めに手続きに取りかかってください。

近年においては、知る人も少なくなってきたようなのですが、家族やお手伝いの人と、ひっこし作業のあとでソバをいただく、といった習慣がかつてはあったのです。

どういった由来があるのかというと、ソバの形から「細く長く」お付き合いをと縁起をかつぐ意味合いと、この度お「ソバ」にひっこしてきたので、以後お見知りおきをとダジャレも仕込んで引っ越し先のご近所に配ったとされており、江戸時代あたりから見られる習慣のようです。「引越しソバ」という慣しとは引越しをして来た際にご近所への初めましての挨拶としてお持ちするものです。

私も以前もらったことがございます。細く長いソバのようなご縁を今後ともどうぞよろしくお願いします。

というようなメッセージが含まれているようです。部屋からトラックへ荷物が全て積まれるまで、かかる時間はどのくらいか、というとこれは決して一定しておりません。荷物量や、部屋が何階にあるか、また、作業人数はどれくらいか、といった条件によって極端に違ってきたりもするのです。

そこをかなり無理矢理、計算してみますと、単身の、最もコンパクトな引っ越しの場合で約30分、他と比べて相当荷物が多いご家庭の引っ越しなら2時間を越えるくらいで、だいたい普通の一般家庭の引っ越しなら、これらの範囲内で済むようです。

プロバイダの通信の速さに関してですが、たいていの方はネット回線を利用しての閲覧、データのダウンロードなどでもっぱら使用していると思いますので、下り速度というもののほうが重要だと思われます。ネット上でのHP閲覧程度であれば、そこまでの速いスピードじゃなくても不自由なく使えます。

引越しする日にやることは2つのポイントがあります。

まずは退去する部屋では荷物を運び出した後に管理会社の立会いのもとで部屋の現状を見定めることです。

ここで大きな汚れや傷を確かめますが、この調査が敷金でのカバーや別途クリーニング費用の請求に左右します。新しい家ではガスの元栓を開けることが大切です。これは業者の立ち合いが絶対です。

引越し業者でメジャーな会社は、いろいろとございます。

有名な運送会社として日本通運なんかはとくに有名だと思います。そんな日本通運は、日通とも呼ばれていますね。
文京区なら引越し業者が安い